事業内容

私たち湖北台産業は

「誠実」を企業理念に、「感謝の心」を原点に、心豊かな社会の創造に貢献し続ける存在

でありたいと考えています。

具体的には、“心地良い場・楽しい場・感じの良い場”など、人が自然に足を運びたくなる“場”の創造にフォーカス。
次の3つの事業を柱に、地域のお客さまと社会から信頼され、支持される企業を目指しています。

アミューズメント事業暮らしの中に楽しいを生み出す。

アミューズメント事業

「地域の人びとのために楽しくて面白くて心地よいタウンスポットを実現し、暮らしに身近なアミューズメントを提供したい」という想いのもと、私たちはパチンコ・スロットの遊技の場『VZONE』および『バロンタウン』を、千葉県北西部に7店舗展開しています。
とことんサービスにこだわって、快適な遊びの空間づくりに取り組む姿勢が多くのお客さまから好評を博しており、2020年12店舗への拡大を目標に、着実に成長を続けています。

ソーラープロジェクト大震災をきっかけに環境事業へ。

ソーラープロジェクト

東日本大震災を契機に、「環境の観点からも地域社会に貢献したい」という新たな想いのもと、湖北台産業はソーラープロジェクトを立ち上げました。
事業用地を活用して太陽光発電プラントを建設・運営し、再生エネルギー供給の一翼を担うことで、地域社会に寄与しつつ、大電力を消費する企業としての社会的責任を果たそうと考えたのです。
毎年、年間の日射量に応じた十分な収益を見込める為経営の効率化にも役立っています。

コンビニエンス事業暮らしの中に利便をもたらす。

コンビニエンス事業

アミューズメントの遊びの場、ソーラーのエコの場に続く「地域の人びとのための場づくり」として推進しているのが、お馴染みのCVS(コンビニエンスストア)『MINISTOP』の運営です。
毎日、多数のお客さまが来店される『VZONE』に併設、および近隣への出店を計画しており、地域の暮らしの中に楽しいと便利の両方を提供でき、大きな相乗効果が生まれると期待を集めています。
小売・流通ビジネスのノウハウを得られるのも、メリットのひとつです。